2010年12月19日

レッスン記録 12/15

本日の録音


バイオリンパートナーA‐2

P. 20、21 12/08〜『ジングルベル』 (James Pierpont) <ニ長調(♯2)>



posted by wooo at 20:48| レッスン記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

レッスン記録 12/08

本日の録音


篠崎バイオリン教本(2巻)


P. 21   11/17〜『31 舞曲』(H.Shinozaki)<二長調(♯2)>
やっぱり前半音程が安定しないのはヘタレだからです・・・(涙)


P. 25   11/24〜『40 オーゼの死』(E.Grieg)<ロ短調(♯2)>
今回は不合格になると思っていたら合格になりました
焦って音を間違えて(笑)・・・かなりひどいです


P. 52   11/10〜『カイザー練習曲 1 』 8番 弓の中央と少し先で3つずつ(三連符)弾く
3連符を続けていくうちに同じ強さになってくる
アクセントと後ろの2音に意識が向いて、音程がボロボロ
posted by wooo at 22:20| レッスン記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

レッスン記録 11/24


本日の録音



篠崎バイオリン教本(2巻)

P. 20   11/17〜『29 ノルウェー舞曲』<二長調(♯2)>
音程怪しいですね・・・


P. 21   11/17〜『31 舞曲』(H.Shinozaki)<二長調(♯2)>
不合格バージョン
1小節目
  1音目はスピードを付けてしっかり弓を使って弾く
  2、3音のスラー付きスタッカートは響きを持って軽やかに切る
  ( ↑ 難しい・・・)
posted by wooo at 09:27| レッスン記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

レッスン記録 11/17

本日の録音


☆バイオリンパートナーA‐2

P. 46、47 11/10〜『かねが鳴る(フレール・ジャック)』 (フランス民謡)
                            <ハ長調←ニ長調(0→♯2)>
音程悪し!!!



☆篠崎バイオリン教本(2巻)

P. 22   10/27〜『ウィッチダンス(妖精の踊り)』(Paganini)<二長調(♯2)>
ソロ

合奏
やっぱり合奏になると緊張するのね・・・(涙)
後半 少し走り気味・焦って音程悪し

P. 52   11/10〜『カイザー練習曲 1 』 7番 弓の中央と少し先で3つずつ(三連符)弾く
不合格バージョン(爆)
今回は1拍目をもう少し「アクセントをはっきり付ける」ということで、次回持ち越し
(1拍目だけ速く強く弾くのがどうしても難しい!来週できるか自信なしです)
だんだん速くなってしまうのも悩み
posted by wooo at 10:54| レッスン記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

レッスン日記 11/10

本日の録音


☆バイオリンパートナーA‐2

P. 42、43 10/27〜『エーデルワイス』 (Richard Rodgers)<ハ長調→ト長調(0→♯1)>
音程最悪!


☆篠崎バイオリン教本(2巻)

P. 22   10/27〜『ウィッチダンス(妖精の踊り)』(Paganini)<二長調(♯2)> 
不合格バージョン(爆)
付点+スラー+スタッカート
スラーで続く後半のスタッカートが、上手く切れない(涙)
この曲は今回不合格(もうちょっと練習して来るようにと)


P. 52   09/29〜『カイザー練習曲 1 』 7番 弓の中央で2つずつ弾く
本当はもっと早く弾くのですが、今回は「バイオリンを鳴らす」を目標に。
posted by wooo at 00:00| レッスン記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

レッスン記録 10/27

本日の録音


バイオリンパートナーA‐2

P. 31   10/06〜『春へのあこがれ』 (Wolfgang Amadeus Mozart)<ト長調(♯1)>
音程ボロボロでした


P. 32、33 10/06〜『かっこうワルツ』 (Johan Emanuel Jonasson)<ト長調(♯1)>
前回注意された、P のスタッカートの後の f のアクセントがどうしても強く弾ききれませんでした
同じく「中盤4小節目「ド・♯ド・ミ」(3音スラー・アップ)元弓になるにしたがいしっかり圧力をかけて弾く」所、やっぱり音が浮いてしまいましたね・・・


posted by wooo at 22:47| レッスン記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

レッスン記録 10/6

本日の録音



篠崎バイオリン教本(2巻) 

P. 17   09/29〜『20.ワルツ』(J.Brahms)<ト長調>(♯1、♭0)
弓をしっかり使う
弓のスピードを一定にする
アップはもっと使うイメージで!
各小節後半の八分音符のスラーは音が抜けないように注意する
    ↓
ちこっと抜けてますよね・・・(涙)


P. 52   09/29〜『カイザー練習曲 1 』 デタッシェで
不合格ですが、録音残します
おっかなびっくり弾いていたら注意されました
弓を真っ直ぐ使う(特に移弦の時に曲がるので注意)
 (弓が真っ直ぐになると、音も良くなる)
弾く弦を意識して移弦する(案外音の動く所でも、移弦が少ない)
強弱をしっかり付ける
もう少しテンポを上げる
  
    
  
posted by wooo at 21:18| レッスン記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

レッスン記録 9/29 


本日の録音


バイオリンパートナー(A-2)
P. 22   09/15〜『踊ろう楽しいポーレチケ』 (Tadeusz Sygietynski)<ニ長調(♯2)>
3拍子を意識して 重くならないように! もたつかないように!と注意されたのに・・・


バイオリンパートナー(A-2)
P. 23   09/15〜『おお!スザンナ』 (Stephen Collins Foster)<ニ長調(♯2)>
なんだか音が軽すぎますね・・・難しい


篠崎バイオリン教本(2巻)
P. 11  09/15〜『11.ロシア舞曲』(H.Shinozaki編)<イ短調>(♯0、♭0)
練習よりも速い!
合奏は一瞬指がパニクリました

posted by wooo at 23:33| レッスン記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

レッスン記録 9/15


本日の録音



バイオリンパートナー(A-2)
P. 18、19 09/01〜『イッツ・ア・スモール・ワールド』
       (Richard M.Sherman/Robert B.Sherman)<ニ長調(♯2)>

移弦のたくさんある所がテンポが遅くなるので注意する・・・
と言われたのに、やっぱり注意された所が苦しい!!!



篠崎バイオリン教本(2巻)
P. 11  09/01〜『6.驚愕のシンフォニー』(J.Haydn)<ハ長調>(♯0、♭0)

やっぱりE線の『ド』が低くなった・・・
ピアニッシモが弾きにくい。音が響かない・・・


posted by wooo at 22:16| レッスン記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

レッスン記録 9/1


本日の録音


バイオリンパートナー(A-2)  
P. 16、17『ラ・クカラーチャ』(メキシコ民謡)<ニ長調(♯2)>
この曲は以前習ったことがあり、その時よりも移弦を伴うスラーがスムースにできるようになっていてうれしかったです

以前の録音引っ張って来ました〜!!!(注意:音大きいです!)
『ラ・クカラーチャ』(2009年5月24日)
音程こっち方が良い?!!!(汗

?! あまり変わらない?!(爆
フレーズとフレーズの間が滑らかになりましたね。
スラーの部分もこの録音よりスムースになりましたよね?!(笑




篠崎バイオリン教本(2巻)
P. 16  『18.メヌエット』(J.s.Bach)<ト長調>(♯1)
出だしのフォルテの部分が弾きづらい。それに加えまたまた音程悪し・・・
スラーの付いたスタッカートは 先生の様な優しい響きを残せなかった(悔しい!)


posted by wooo at 23:07| レッスン記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。